FC2ブログ

デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

6Dによる散光星雲の撮影

11月1日夜~11月2日に散光星雲を撮影
撮影機材:BORG 90FL + 0.72Xレデューサー (360mm F4.0)
EOS 6D + LPS-D1 ISO3200 5分露出 撮影枚数 12枚~18枚
今年手に入れたので6Dの撮影はまだ3回目です。
6DはAPS-Cの2400画素に比べると画素数は物足り
ないですがノイズが少ないです。
フルサイズなので360mmでも写野が広いですね。
銀河の撮影には物足りないですが散光星雲にはいいです。
北アメリカ星雲とサドル付近の散光星雲はどの位
の大きさに写るのかの試し撮りです。

IC1396
20191102-I1396-16c.jpg

カリフォルニア星雲 ( NGC1499 )
20191102-N1499-18c.jpg

北アメリカ星雲 ( NGC7000 )
※低空での撮影なのでベストではありません。
20191101-N7000-12c.jpg

サドル付近の散光星雲 ( IC1318, IC1311, NGC6888等 )
※沈みかけているところを無理やり撮影
20191101-sador-13c.jpg
スポンサーサイト




テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<散光星雲の撮影 11月28日撮影分 | ホーム | 夏の天の川~冬の天の川の散光星雲と暗黒星雲>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |