デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

昭和50年代のレンズで星野撮影

PENTAX K マウントレンズを EOS M に付けるアダプタを手に入れたので、
昭和50年代のPENTAX MEに付属のレンズ 50mm F1.7 を F2.8 に絞り
いて座の天の川の中心付近を撮って見ました。
カメラはEOS M6(新改造)でノーフィルターなのでコントラスト、カラーバランス
は期待できません。

撮影結果は、
古いレンズですがそれなりにシャープに写りますが絞りが6枚なので
明るい星に6本の光条が出てしまいます。

感想として
ミラーレスは色々なレンズが試せてえてお遊びとしては面白くていいですが
やっぱりデジタル一眼用のレンズの方が抜けが良いですね。

古いレンズの使い道として
昭和時代のレンズを生かす昭和レトロの渋い撮り方はないでしょうかね?
天体写真では無理かなあ?
20180608-mw1-4c.jpg
20180608-mw3-7c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<6月13日も梅雨の晴れ間に撮影 | ホーム | 梅雨の晴れ間に撮影 M20等>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |