デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

広角レンズの前に天文用フィルターを付けてテストしました。

普段カメラのフランジバックの中に入れる天文用フィルター(LPS-D1)を使用して
撮影していますが、レンズの前に付けるフィルターはどうなのか?
と以前から試して見たいと思っていたので試して見ました。
カメラは EOS 8000D (APS-C)のクリアフィルタ改造品で、
使ったフィルターは、Kenko ASTRO LPR TypeⅡ 72mmです。
(たまたま中古を安く手に入れたので。)
レンズは丁度フィルターサイズが72mmのため Sigma 18-35mm を使用しました。 

ソフト系フィルターは今回の広角レンズでも使って問題無く使えるのですが、
光害カットフィルターは入射角がシビアなため広角レンズにはどうかなと思いましたが、
やっぱりだめでした。 
広角レンズはやっぱり無理か!!
50mmでのテストはしていませんが、50mm以上なら大丈夫そうですね。
テスト画像を以下に掲載します。


20mm F3.2 の撮影結果
真ん中一部分のみ正常
20171222-LPR2-20mm-F32.jpg

35mm F3.2 の撮影結果
20mmよりだいぶ良くなったがまだまだ端までは写らない。
20171222-LPR2-35mm-F32.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

撮影機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<月が細くなり新月期到来! | ホーム | 月の撮影2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |