FC2ブログ

デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

八千穂高原で撮影

八千穂高原に初めて遠征して撮影しました。
標高が1700m程度と高いので空が澄んできれいですが、
寒いですね。持って行った温度計の測定限界が-10℃だったので
測定範囲外で表示が出来なくなりました。

今年は暗黒星雲、分子雲を撮影するのが目標で第1弾はLDN1622です。
デジタル一眼では難しい対象でした。
バーナードループの上にあります。
下の赤い散光星雲はバーナードループの一部です。
フラット補正が上手く出来なくて真中が明るくなってます。
失敗作なので時間が有る時にフラット補正をやり直したいです。
20170104-LDN1622-16c-1200x800.jpg

冬の大三角です。 オリオン座は沈みかけています。
星を小さく画像処理して天の川と散光星雲を強調しました。
20170105-fuyu3kaku-6c-900x600.jpg

おおいぬ座ととも座の天の川です。
南天は暗いですが、なぜか赤いカブリがあります。
ガム星雲も少し写りました。
20160105-CMa-Pup-21mm-4c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<冬のダイヤモンド | ホーム | 50mmで星野写真を撮影>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |