FC2ブログ

惑星カメラで月を撮影

1月21日の火星撮影時にシーイングが良かったので、
その後に月を撮影しました。
この惑星用カメラ(ASI462)で月を何度か撮っていますが、
なかなかシャープに撮れたことは無かったのですが、
今回は奇跡的?にシャープに撮れたので紹介します。
20cmF4のニュートン反射なので周辺部は少しボケますが…


アリアーデウス谷
谷の幅が広いのが良くわかります。
20210121-Ariadaeus.jpg

ヒギヌス谷
クレーターの重なりがわかります。
20210121-Hyginus.jpg

トリースネッカー谷
細かい谷がたくさん有ります。
20210121-Triesnecker.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 天体写真
ジャンル : 写真

1月21日 視直径8秒台の火星

1月21日に撮影した視直径8秒台の火星です。
冬にしては非常に気流が安定していたので撮影しました。
何とか模様は見えているけど10秒を切ると小さいですね。
欠けてるせいなのかregistaxでウェーブレット変換すると
欠けてない側の縁が白くなってしまいます。

1月21日 17時39分の火星
2021-0121-17_39-mars.jpg
恐れく今回接近の火星の撮影はこれで終りですが、
更に小さくなった火星がどの様に写るのか
撮ってみたい気もする。

テーマ : 天体写真
ジャンル : 写真

星雲星団の撮影 2回目

1月13日~14日 今年2回目の撮影です。
機材は今回もBORG55FL+7880(200mm F3.6)、EOS 6D(新改造)
IDAS NB4-PM Filter ISO3200 5分露出です。

バラ星雲とコーン星雲です。
バラ星雲からコーン星雲まで淡い散光星雲で繋がっているところを
撮りたくて撮影しました。
N2237-2264-16c-mix.jpg

StarNet++で処理し星を消した画像です。
きれいに星が消えました。
バラの上にタコが乗っているように見えるのは自分だけ?
N2237-2264-16c-starnet.jpg

IC2177 わし星雲 です。
淡い部分まで写ると上に火を吹いているように見えませんか?
I2177-16c-2.jpg

おおいぬ座のしっぽのところにある散光星雲 Sh2-310 です。
Sh2-310-11c.jpg

かに座の散開星団 M67 と惑星状星雲 Sh2-290 です。
淡いですが大きいので200mmでもそれなりの大きさに写せます。
少しトリミングをしています。
Sh2-290-M67-12c.jpg

テーマ : 天体写真
ジャンル : 写真

2021年 最初の撮影


今年最初の撮影です。
機材はBORG55FL+7880(200mm F3.6)、EOS 6D(新改造) ISO3200
IDAS NB4-PM Filterを使用しました。

以前から撮りたかったミルクポット星雲(Sh2-308)とM41です。
シリウスの下にもこんなに星雲があるのですね。
5分露出x17枚
20210111-Sh2-308-M41-17c2.jpg


Sh2-210付近
淡い散光星雲と暗黒星雲が入り組んだ所です。
8分露出x15枚ですがまだ露出が足りませんでした。
20210110-Sh2-210-15c.jpg

クラゲ星雲、モンキー星雲、M35
薄雲が出てしまってハッキリ撮れませんでした。
クラゲ星雲と比べるとモンキー星雲は明るいですね。
20210111-I443-N2174-M35-7c.jpg

テーマ : 天体写真
ジャンル : 写真

ふたご座流星群の日に撮った散光星雲

ふたご座流星群の撮影時に並行して撮影した散光星雲です。

撮影機材はBORG 55FL+7880 ( 200mm F3.6 )
Canon 6D(新改造) IDAS NB4 ISO3200 5分露出x16枚
で撮影しました。
事前にテスト撮影してNB4で淡い赤い散光星雲が良く写るようなので
とかげ座の淡い散光星雲などを狙って見ました。
今回はステライメージ9とStarNet++で処理した画像を
ミックスして淡い星雲を炙り出しました。

以前から撮りたいと思っていたとかげ座のSh2-126です。
星座散歩ガイドブックにはLBN427~433という表示になっています。
非常に淡い散光星雲ですが割とハッキリ撮れて満足です。
20201213-Sh2-126-16c.jpg

NGC1491、Sh2-205、209
真ん中の大きいのがSh2-205で左下の明るい星雲がNGC1491で
NGC1491の左側の小さな散光星雲がSh2-209です。
散開星団も左側に二つ写ってます。
20201214-N1491-Sh2-205-209.jpg

カリフォルニア星雲 ( NGC1499 ) です。
上の二つに比べると非常に明るいので露出オーバ気味ですが、
淡い部分が良く写りました。
時々薄雲が流れて明るい星が滲んでいます。
20201214-N1499-15c.jpg

テーマ : 天体写真
ジャンル : 写真

プロフィール

AstroDigital

Author:AstroDigital
デジカメで天体写真の撮影を趣味にしているアマチュア天体写真家です。

最新記事
ブログカウンター
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR