FC2ブログ

デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

12月10日夜から撮影 71FL撮影分

12月10日に撮影した画像 71FL+7866での撮影分です。

バーナードループの川を挟んだM78とLDN1622(右上の魚のような暗黒星雲)です。
もう少しバーナードループが真中の構図がよかったか。
20181210-M78-L1622-17c.jpg

IC1396 低空だったので良く写らないかなと思って撮りましたが、
以外とコントラスト良く写りました。 
次は南中時にさらに良く撮りたい。
20181210-I1396-16c.jpg

IC405(勾玉星雲:右側)、IC410 左側
この焦点距離(264mm)ではこの構図が一般的?
20181210-I405-410-14c.jpg

IC59、IC63 
264mmではチョット小さいですが...撮影してみました。
真中の明るい星はカシオペア座のガンマ星です。(カシオペア座のW形の真ん中の星)
20181210-I59-63-12c.jpg

スポンサーサイト



テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12/10夜の撮影 125SDでの撮影分

BORG 125SD 810mm F6.5で撮影した星雲です。

NGC246 再撮影しました。
不思議な濃淡の惑星状星雲です。
20181210-N0246-20c.jpg

NGC891 エッジオン銀河
久しぶりに撮影しました。明るく撮れました。
20181210-N891-16c-2.jpg

馬頭星雲(IC434)
馬の首が横を向いている構図は以外と少ないので....トリミングしました。
20181211-I434-14c-up.jpg

NGC2359
星雲の形が神話などに登場する兜の形に似ていることから、
「Thor’s Helmet(トールのかぶと)」と呼ばれているそうです。
この向きが兜に見えるかな?
20181211-N2359-14c.jpg

NGC1300 南天低空で規定枚数が撮れなかったです。
左の渦巻銀河がNGC1300 大望遠鏡の写真と比べると随分小さいですね。
南中時に再撮影したい。
20181211-N1300-8c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12/8撮影のわし星雲(IC2177)、プレアデス

12/8にウィルタネン彗星を撮った後に撮影したものです。
画像処理の遅れ、撮影等で掲載が遅れていました。
撮影機材はBORG71FL+7866(0.66x) 264mm F3.7
Kiss X8i クリアフィルタ改造+LPS-D1 ISO3200 5分露出 x12枚

わし星雲(IC2177)です。 以外と良く写りました。
というか画像処理が上手く行きました。という感じ。
このくらいの画像が撮れればこの機材では満足です。
20181208-I2177-12c.jpg

プレアデスをとりあえず撮ってみました。
写野が中途半端でもう少し大きく全体を撮るか、
もっと広画角で周辺の分子雲を撮れればよかったです。
プレアデスには264mmは中途半端な焦点距離かもしれません。
20181208-M45-12c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ウィルタネン彗星2回目の撮影

ウィルタネン彗星を12月8日1時頃再び撮影
今回は264mmF3.7の明るい構成で撮影
ISO3200の2分露出したものを10枚彗星核を基準にコンポジット
相変わらずハッキリした尾はわかりません。
11月30日の時より双眼鏡では少し明るくなったようですが、
大きな変化はありませんでした。

20181208-46P-2m-10c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

彗星 | コメント:0 | トラックバック:0 |

NGC247とNGC246

当日の月出の時刻が23:54だったので時間がありませんでしたが、
ウィルタネン彗星を撮影する前に秋の星雲を少し撮りました。

NGC247
NGC253のそばにある比較的大きな銀河でが、NGC253に比べると大変淡く
撮影が難しい対象です。
20181130-N0247-16c.jpg

NGC246
彗星撮影がメインで時間が無くて2枚しか撮れなかったのでノイジーで
鮮やかさは有りませんが、青い楕円のシャボン玉のような様子は感じられます。
青いドクロにも見えます。
右上の小さな銀河はNGC255です。
20181130-N0246-2c2.jpg


テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ウィルタネン彗星を初撮影

肉眼彗星になると噂のウィルタネン彗星を11月30日に撮影しました。
彗星の撮影としてはFが暗いですが、まだ尾が無くて小さいということだったので
810mm F6.5 で撮影してみました。
当日の予報光度は5.3等で結構明るくなっているので自動導入後に
5cmファインダーで見たら星雲状にハッキリ見えました。
双眼鏡(10X42)でも見てみましたが、彗星の場所がわかれば、比較的
簡単に見えます。大きさも以外と大きく見えました。
贅沢を言えば青緑色の核だけでなく立派な尾がほしいですね。
今後の接近と尾の成長に期待したい。
20181130-46P-Wirtanen-2m-12c.jpg
次回はもう少し明るいレンズで尾を撮影したいと思います。

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

彗星 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |