FC2ブログ

デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

梅雨の晴れ間の天の川

6月は梅雨入りでなかなか晴れなくて天の川は見られないのですが、
梅雨の晴れ間に非常に良く天の川が見える場合があります。
今回6月13日の夜~14日も天の川が良く見えて
肉眼と魚眼撮影で楽しめました。

今回は天頂を通過する天の川を撮ることができました。
6月14日2時20分~32分 4.5mm F3.5 ISO3200 3分露出x4枚
20180614-mw5-4c.jpg

6月14日0時40分~52分
火星が昇って、木星が西に傾いてきました。
20180614-mw1-4c.jpg

6月14日1時40分~52分 もう少しで天の川が天頂通過
肉眼ではかなりの雲量と思いましたが魚眼の写野ではたいしたことはありませんでした。
20180614-mw3-4c.jpg
スポンサーサイト



テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

6月13日も梅雨の晴れ間に撮影

今回も梅雨の晴れ間に撮影しました。
今年は6月になっても撮影チャンスに恵まれて幸運です。
今回の機材はBORG101EDⅡ+7878(x0.78) f=499mm F4.9 です。

彼岸花星雲 NGC6357 です。
低空なので撮るチャンスが少ない星雲です。
20180614-N6357-15c.jpg

M16 の上にある比較的大きな散光星雲 Sh2-54 です。
下の方に散開星団 NGC6604 もあります。
20180614-sh2-54-N6604-16c.jpg

球状星団のツーショットです。
右下の大きな球状星団がM4、左上の小さいのがNGC6144です。
左側はアンタレス付近の黄色い星雲が薄っすらと写っています。
20180614-M4-N6144-16c.jpg

M4を拡大しました。球状星団としてはまばらな方です。
明るいのでカメラのファインダーでも見えていました。
20180614-M4-16c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

昭和50年代のレンズで星野撮影

PENTAX K マウントレンズを EOS M に付けるアダプタを手に入れたので、
昭和50年代のPENTAX MEに付属のレンズ 50mm F1.7 を F2.8 に絞り
いて座の天の川の中心付近を撮って見ました。
カメラはEOS M6(新改造)でノーフィルターなのでコントラスト、カラーバランス
は期待できません。

撮影結果は、
古いレンズですがそれなりにシャープに写りますが絞りが6枚なので
明るい星に6本の光条が出てしまいます。

感想として
ミラーレスは色々なレンズが試せてえてお遊びとしては面白くていいですが
やっぱりデジタル一眼用のレンズの方が抜けが良いですね。

古いレンズの使い道として
昭和時代のレンズを生かす昭和レトロの渋い撮り方はないでしょうかね?
天体写真では無理かなあ?
20180608-mw1-4c.jpg
20180608-mw3-7c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

梅雨の晴れ間に撮影 M20等

梅雨入りしたばかりですが、運よく晴れたので6月7日の夜に撮影しました。
今年は意外と天候に恵まれています。
ただしまだ新月期では無くて月が昇ってくるので1時頃までの撮影です。
今回の撮影は別の目的もあります。最近中古で手に入れた。
スカイセンサー2000(Ver1.08)のオートガイドのテストです。
M-GENでガイドのテストをしたところ普段使っている
スカイセンサー2000PC(Ver2.10)と同じようにガイド出来ました。
よかった。

M20(三裂星雲)です。
以前撮影した時とほぼ同じ写りですが少し解像度がアップしました。
20180608-M20-11c.jpg

NGC5907です。
小口径で撮影出来る比較的大きな銀河の中で一番細い銀河です。
20180607-N5907-17c.jpg

NGC5907の撮影時に一緒に写った小型の銀河です。
上のソンブレロ星雲に似た横向きの銀河がNGC5908で、
下の真上から見た銀河はNGC5905です。
20180607-N5905-08-17c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |