FC2ブログ

デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

全周魚眼で冬の銀河と日周運動

最近は天体撮影を行う時に複数のカメラで撮影しています。
通常は天体望遠鏡の直焦点撮影とポタ赤での星野写真です。
沢山撮影できますが画像処理に時間がかかるので、負担も多く
星野写真が後回しになってしまいます。
冬の天の川を全周魚眼で撮ったので紹介します。

冬の銀河は淡いですがそれなりに写りました。
冬は良く晴れますが全天雲が無い好条件は意外と少ないです。
20171221-fuyuginga-3c.jpg

全周魚眼で日周運動と撮ったことが無いので撮ってみました。
30秒露出を59枚で約30分です。
もう少し長い時間撮影したほうが良かったですが時間がありませんでした。
20171221-nissyuu-900x900.jpg
余談ですが、円周魚眼の画像処理をステライメージ8の自動処理モードで
行ったところ星の位置合わせがうまく機能しなかったのでSI7で行いました。
真ん中の一部分だけしか画像写ってないので自動には不向きだったのでしょうか?
スポンサーサイト



テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Hαフィルタによる星野写真(ガム星雲等)

低空なのでかぶってしまって良く写すことが出来ないガム星雲を
Hαフィルタで撮影してみました。
今回使用したフィルタは星まつりで安く買ったオプトロン H-Alpha(7nm)のAPS-C用の
FFタイプです。
カメラはCanon60Dクリアフィルタ改造 ISO3200 5分露出をコンポジット
レンズはSIGMA 18-35mm F1.8→ 24mm F2.5です。
ピントはライブビューでシリウスにて合わせることが出来ました。
構図が撮って見ないとわからなかったので何枚も試しました。

低空はかなり明るいですが、Hαだとカブリは少なくて低空の
ガム星雲が雲のような感じで撮れました。
カラーも撮ってLRGBのL画像にして画像処理したい所ですが...
ガム星雲の構造が写せたのでとりあえず満足。
20171223-Gumi-Hα-10c

オリオン座付近も良く写るので撮ってみました。
バーナードループ、エンゼルフィッシュ、バラ星雲付近は濃いですね。
20171223-Ori-Hα-9c

カシオペア座付近を撮って見ました。
オリオン座付近と比べると大きい星雲はないようです。
IC1805、1848は明るいですね。
20171223-Cas-Hα-8c

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12月22日の撮影

12月22日の撮影分です。
M-GENのディザガイドでM33とIC405(勾玉星雲)を8分露出で16枚づつ撮影したので
構図を含めて1作品2時間半で5時間かかってしまい。
IC443(くらげ星雲)の撮影枚数が5枚と少なくなってしまいましたが
快晴で良い条件で撮影できました。

撮影機材
カメラ:CanonEOS KissX8i(クリアフィルタ改造) + LPS-D1 ISO3200 8分露出
レンズ:BORG101EDⅡ 448mm F4.4
赤道儀:GPD+SS2000PC+M-GEN

M33はM31に比べると小さいので448mmでは大きく写らないので
トリミングして拡大しました。
20171222-M33-16c.jpg

IC405(勾玉星雲)は448mmでピッタリの大きさです。
ピッタリなのでかえって構図がむずかしく何度も写野を移動し苦労しました。
20171222-I405-16c.jpg

IC443(くらげ星雲)はチョット構図が失敗しました。
右側の淡いIC444を入れるためにもう少し右に構図を移動したかった。
IC444を良く写すには露出時間が不足していました。
20171222-I443-5c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12月21日の撮影

12月21日にM-GENのディザガイドで16枚撮影しコンポジットした画像です。

M31(アンドロメダ銀河)の久々の撮影です。
448mm F4.4 8分露出の16枚コンポジットなので十分な露出が出来ました。
20171221-M31-16c.jpg

448mmではカリフォルニア星雲は少し大きくて全て収まらない感じでした。
200mm~350mm位で撮りたいです。
以前撮ったものより16枚重ねたので淡い部分まで撮影が出来ました。
I20171221-N1499-16c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ふたご座流星群の撮影その2

ふたご座流星群の撮影その2ですが、
12月13日の夜にポタ赤でガイド撮影して撮った流星です。

冬の大三角と冬の天の川が流れている構図にして
ふたご座流星群が流れる写真が撮りたかった。
もう少し大きい流星ならもっと良かったですが、良く撮れたほうですね。
20171213-3kaku-ss.jpg

おおいぬ座の天の川を真ん中にしたらオリオンが切れてしまった
失敗の構図ですが画面の端ギリギリに写りました。
途中で一旦暗くなっている? 薄雲のせいでしょうか?
20171213-CMA2-ss.jpg

低空は明るいので淡い冬の天の川は良く写りません。
低空の流れ星🌠って以外と多いですよね。
これも明るければもっと良かったのですが残念。
20171213-CMa-ss.jpg

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ふたご座流星群の撮影その1

12月14日の夜に撮影したふたご座流星群の画像を紹介します。
肉眼ではかなりの数の流星を見ましたが、写真にはあまり良く
写ってくれません。
カメラで撮影している方向に、あ!流れたと期待して画像を見ると
かすかに細い線が写っている程度がほとんどです。
F1.4程度の明るい広角レンズが欲しくなります。

30秒露出の画像をSiriusCompで180枚比較明合成した画像です。
左下に流星が小さく流れています。
20171214-pol1-180s.jpg

流星が写っている画像の1枚です。1枚だと流星が明るい。
以外と雲が多い。
20171214-pol1-ss.jpg

20秒露出の画像をSiriusCompで50枚比較明合成した画像です。
左はじに小さな流星が...
20171214-pol2-50s.jpg

流星が左端に写っている1枚です。 
20171214-pol2-ss.jpg

なんで画像の端にしか流星が流れないのでしょうか?
真ん中にデカいのが流れて欲しかった!
20171214-CygLyr-ss.jpg

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

静止撮影 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |