FC2ブログ

デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

星座早見盤風の全天写真

9月18日に魚眼で撮影した画像を北を上にして星座早見盤風にしました。
全周魚眼を買ったら前からやって見たかった画像です。

薄明が終わったばかりの19時40分頃に撮影したものです。
さすがにこの時間帯は空が明るくて天の川は良く写りません。
20170918-mw1-3200-2m-4c.jpg

天の川が天頂を通っている時に撮影。
星マスクを使って星のコントラストを下げて天の川が目立つようにしました。
20170918-MW4-5-2m-3c.jpg

空が少し暗くなってきたので、コントラストを強めにして濃い天の川を表現。
ちょっとやり過ぎたかもしれません。
20170918-mw6-3200-2m-4c.jpg

0時を過ぎて空が暗くなりましたが...
天の川が傾いて雲が出てきてしまいました。残念。 
この位の条件で天頂を横切る天の川が撮りたい!
20170918-mw7-3200-2m-2c.jpg
次は秋、冬の天の川撮影をしたい。

スポンサーサイト



テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

全周魚眼による天の川と流星

9月18日の夜は久し振りに良く晴れて天の川撮影が出来ました。
肝心な画像処理ですが仕事で疲れていてなかなか進みません。
流れ星が写っている画像を何とか処理出来ました。
魚眼の撮影は地平線が明るいので画像処理が難しいです。
3か月近くステライメージを使わなかったら画像処理の勘がわからなくなってしまった。
他の画像も良い画像処理が出来たら紹介します。

SIGMA 4.5mm F2.8 ISO3200 2分露出
20170918-ss-3200-2m.jpg

流れ星の写っている部分の拡大です。
魚眼でこれだけ写ったので大流星だったと思います。
20170918-ssup-3200-2m.jpg

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

太陽プロミネンス10分間の変化

画質は悪いのですが、太陽プロミネンスの10分間の変化です。
眼視で見ていると特に動きは見えませんが10分~20分経つと形が変わっていきます。
右側のプロミネンスは10分間経っても形がかわりませんが、
真ん中付近のプロミネンスは大きく変わっています。
プロミネンスは赤い色なので写真での写り(解像度)が悪く、
眼視で見たレベルまで画質が追いついてません。

9月9日 12時30分頃
20170909-12h30m-sun.jpg

9月9日 12時40分頃
20170909-12h40m-sun.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

太陽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

太陽の撮影(9/8-9/9)

金曜日の昼、夜、土曜日の昼は良く晴れました。
満月期なので残念と思った天文ファンは多いと思います。私もそうです。
太陽は月に影響されないので、PSTで太陽の撮影を行いました。
眼視では手軽に太陽が見えるPSTですが撮影は結構むずかしい。
白黒にしてコントラストを上げたつもりですがイマイチです。
カメラの画素数が違うのでチョット大きさが違っています。
きれいに撮っている人はどうやっているのでしょうか?

太陽フレアが出た場所がまだ写せるかなと撮りました。
専門家ではないのでよくわかりませんが...
画像の上の方の白い部分がフレアが出たところでしょうか?

9月8日
20170908-sun-PST-mono.jpg

9月9日
20170909-sun-PST-mono.jpg

太陽 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |