FC2ブログ

デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

8000Dの試し撮り2(長焦点編)

8000Dの試し撮り2(望遠鏡での長焦点編)です。
長焦点といっても488mmなので銀河の場合もう少し長い焦点で撮りたいものです。

M101です。ISO1600、5分露出なので露出が不足しています。
20170325-M101-5m-9c.jpg

M81 これも5分露出です。
20170325-M81-11c.jpg

M82 M81と同じ画像ですが、ちいさいので別々にトリミングしています。
20170325-M82-11c.jpg

M104 ソンブレロ星雲です。 2分露出で撮りました。
20170324-M104-2m-4c.jpg

M13 球状星団です。 3分露出で撮りました。
20170325-M13-3m-8c.jpg
今回は2400万画素の解像度が1800万画素より少しなめらかなのが感じられました。

スポンサーサイト



テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

EOS 8000Dの試し撮り

空の透明度が非常に悪く、薄雲が流れている悪コンディションでしたが、
EOS 8000D(スターショップ新改造)を手に入れたので、Sigma18-35mm F3.2
ISO1600 5分露出で試し撮りをしました。
沈んでいくオリオン座を南中時の構図で撮影したので無理があります。
右下が地平線方向になります。
FilterはLPS-D1(MFA)を使用しています。
現状使用しているX5クリアフィルタ改造+LPS-D1の方が赤い散光星雲が良く写るようです。
画像解像度が1800→2400万画素になっても解像度が上がった気がしません。
もう少し良いコンディションでまた撮影したいと思っています。
20170319-f3kaku2-3c.jpg

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

135mmで撮った春の銀河

GP2赤道儀のオートガイドのテストで春の銀河を撮影しました。
135mmで銀河なんてほとんど写らないのはわかっていましたが、
元画像を見ながら、星図と見比べてNGC、ICの銀河が画像の中に何個
写せたか時間がある時に調べてみたいですね。

しし座のM65、M66、NGC3628です。
淡いところまで出そうとしてM65、66は露出オーバーになってしまった。
この程度の焦点距離でもNGC3628の中央暗黒帯が見えます。
20170224-M65-66-7c.jpg

マルカリアンチェーンです。この中に幾つ銀河が写っているのでしょうか?
小さいので迫力はないですが、写野が広く周りの銀河も写っています。
20170224-マルカリアン-4c

かみのけ座のMel111です。左側にNGC4565が小さく見えます。
20170225-Mel111-7c.jpg

拡大した画像です。かすかに暗黒帯が見えます。
20170225-I4565-7c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |