FC2ブログ

デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

月の欠け際

撮影は前回と同じ機材 KissX4 + BORG 100ED 1024mm相当 (APS-Cなので1600mm相当)
で月全体を撮ったのですが、昨日より少しシーイングが良かったので、欠け際を少しアップ
天の川も撮りたいのだけれど...
20150930-moonzoom-reg20s.jpg

スポンサーサイト



テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

| コメント:0 | トラックバック:0 |

スーパームーンの次の日

今日は昼間から良く晴れて夜になってもいい晴れです。
満月に近い時はよく晴れて、新月の時は晴れないというルールが成立しそうです。
シーイングは最悪ですが、良く晴れたので月を撮影しました。
満月を過ぎたので上が欠けてます。
20150929-moon-reg17s.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

| コメント:0 | トラックバック:0 |

スーパームーンが昇るのを見ながらディナー?

9月28日は年に1度の人間ドック(1泊)の日でした。 
天気が良いようですが、病院内なので望遠鏡は使えません。
以下はコンパクトデジカメで窓越しに撮影したスナップです。
中秋の名月はアップで撮ったからスーパームーンはこの程度でいいか。
20150928-supermoon.jpg

ドック内のレストランは東向きなのでスーパームーンが昇るのを見ながら夕食が出来ました。
スーパームーンが昇るを見ながらディナーを食べるなんて普段出来ないことですね!
窓越しですが、肉眼で眺めるのもたまにはいいです。
食べる前に写真を撮っておけば良かったのですが...食べてる途中です。
食前酒(ワイン)で酔っ払ってしまって撮るタイミングを外しました。
20150928-stake.jpg

デザートは食べる前に撮りました。
胃カメラも終わって少し安心しましたが、調子に乗って食べ過ぎないようにしたい。
20150928-Dessert.jpg

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

スナップ | コメント:0 | トラックバック:0 |

中秋の名月

中秋の名月を撮影しました。
しかしまだ下の方が欠けています。完全な満月ではないようです。
鏡筒が115φになりましたが、レンズは同じなので写りの違いはわかりません。
重量が重くなったのは感じますけど
20150927-100EDV-reg31s.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

| コメント:0 | トラックバック:0 |

ナノトラッカーの極軸望遠鏡の精度テスト

ナノトラッカー用の極軸望遠鏡の記事を前々回掲載しましたが、9月21日~22日に
撮影のテストが実施できました。
ファインダーは小さな8倍x21mmですが、北極星は十分見えました。
ナノトラッカー本体の「のぞき穴」とは見易さが雲泥の差で、圧倒的に見やすかったです。
極軸照明が無いのでライトで照らす必要があります。 ここは要検討。
後は極軸の精度ですが、対角魚眼で5分露出で問題ありませんでした。
もうチョット長い焦点のもので試す必要がありますが、広角系では十分な極軸設定精度
が出ていることが確認できました。
撮影機材・データは全てSamyang 8mm F3.5 ISO1600 露出5分 1枚撮り

以下は撮影した画像ですが、全天がきれいに長時間晴れなくて1枚撮りしか
できませんでした。
でも改造カメラとLPS-D1フィルター(MFA)で赤い散光星雲が写ってきれい。
20150922-tate.jpg

沈むはくちょう座と北天の様子です。 雲が切れなくてこれでもこの時が一番雲が少なかった。
20150922-hokuten-5m.jpg

明け方はすごい露であっという間にレンズが曇ってしまいます。
ヒーターは持っていたのですが、赤道儀、オートガイダーにバッテリーを使っているので
電源の余裕がありません。
(天然の)露のソフトフィルターと考えると悪くないなあなんて。 左下は金星です。
20150922-softfilter.jpg

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

EDレデューサーF4DGのゴーストをフィルターボックスで克服

シルバーウィークで連休があり天気も悪くありませんでしたが、夜は以外と
晴れないですね。
9月21日夜~22日にかけて何とか撮影のテストが出来ました。
昨年購入したBORG EDレデューサーF4DG【7704】を使用した撮影で、FF系(MFA)の
フィルターを使用して撮影するとゴーストが出るので、EDレデューサーF4DG本体に
元々付いているフィルターボックスを使用して撮影テストをしようと思ってました。
8月の原村星まつりでLPS-D1の52mmを買ったので撮影のテストを今回実施しました。
使用望遠鏡はBORG125SDです。
完全な晴れ間が長く続かない状況でしたが、488mm、F3.9、ISO3200の10分露出で
以前出たM45でゴーストが出ないことが確認できました。

M45の5分+6分+10分x3枚 計5枚のコンポジット画像です。
20150922-M45-125SDF4R-5c.jpg
今回試せませんでしたが馬頭星雲でゴーストが出なければパーフェクトです。

IC443(くらげ星雲)の画像です。 
3分+10分x3枚 計4枚のコンポジット画像です。
快晴が続かず露出時間、枚数が少なくて残念です。
20150922-I443-125SDF4R-4c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ナノトラッカーを活用するには極軸望遠鏡

最近はなぜか撮影機材ネタが多くなりました。
ナノトラッカーを2年ほど前に買ってからあまり使用していません。
ポラリエはいつもフル稼働ですが、この差は何かと言うと
極軸望遠鏡が無いからです。
ポータブル赤道儀は追尾精度より極軸セッティング精度ですよね!
ナノトラッカー用の極軸望遠鏡を探すとSWAT用、TOAST用が使える
ようですが、2万円以上でナノトラ本体より高いです。
アイベルのCD-1用の物も使えるようですが、税込み1万円越えなので
とりあえず使用していないファインダー、ファインダー台座を利用して
極軸望遠鏡を作ろうと思いL型金具と皿ネジをホームセンター(セキチュー)
で買ってきました。


ファインダーを取り付けた画像です。
使用ファインダーは8x21の正立のもので昼間はそれなり見えますが夜は
星が良く見えません。 北極星なら見えると思って着けました。
ビクセン互換のファインダー台座なので良く見えなければ別のものに替えます。
問題は極軸の精度ですが、どの位のセッティング制度があるか試したい。
20150919-nano-PF1.jpg


裏側から見たところです。
ファインダー台座のネジ穴に合うL型金具を探したところほんの少し狭いですが、
間隔の合うものがありました。この部分は未加工でそのまま使えました。
アングルプレート側に付けるM6ネジの穴は小さいのでドリルで穴を大きく加工しました。
加工はM6用のネジ穴のみです。
20150919-nano-PF2.jpg

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

撮影機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ツチノコ風の鏡筒になった(Borg115φ鏡筒)

BORG115Φ鏡筒B品セールで115ΦL149mm鏡筒と115ファインダー台座Nを買いました。
ほとんどBORG125シリーズ用なのですが、HPに100EDでも使えると書いてあり、
115鏡筒シリーズが無くなってしまうというのでつい買ってしまいました。
100EDの鏡筒を80φから115φにしてみたのが下の写真です。
鏡筒が太いと高級な感じがするのは自分だけでしょうか?(自己満足?)
フードがもう少し太いとバランスがよいのですが...
見た目が短いのでピントが合うのか心配です。
ヘリコイドが2個と眼視ユニット(ドロチューブ)が着いているので大丈夫でしょう。
空が晴れてほしい
20150916-BORG100ED-115.jpg

80φ鏡筒の写真です。 細くて長かったですね。
鏡筒が細いと貧弱に感じるけどこちらの方が扱い易いとも思います。
分解して元に戻せるのもボーグの特徴です。
パーツが多すぎてどれだかわからなくなることもありますけど。
20140130-100ED-80.jpg

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

撮影機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サムヤン8mmFishEye改造後の試撮り

金曜日の夕方曇っていましたが晴れることを信じて
サムヤン8mmFishEye改造(研磨)後の試撮りに出かけました。
空も何とか晴れて結果は良好です。
LPS-D1を使用して撮りましたが周辺までほぼ良好です。
改造(といっても研磨ですが)は成功しました。
サムヤン8mmFishEyeはピントが合えば安くて良いレンズです。
下の画像はISO3200で5分露出x3枚で撮影したのですが、ISO3200なので画質が悪く
ザラザラになってしまいました。
ISO1600でもっと枚数を重ねないと満足出来る画質にはならないようです。
20150912-8mmF35-5m-3c.jpg

冬の天の川です。薄明で少し明るくなってしまった。
右上から左下の白い部分は雲では無いようです。黄道光でしょうか?
もう少し天の川を濃く撮りたい。
次回努力したい。
20150912-8mmF35-5m-2c.jpg


テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サムヤン8mm Fisheyeを削っちゃった!

Canon Kiss X5(クリアフィルタ改造) とサムヤン 8mm F3.5 Fisheyeです。
以前からこのレンズ不満がありました。 なぜかというとノーマルカメラ(無改造)だと
ギリギリ無限大にピントが合うのですが、改造カメラ(フィルターレス・クリアフイルタ・
通常赤外改造)では無限大にピントが出ません! 
改造カメラが使えないのでは鮮やかな写真が撮れないので不満がありました。
最近CSマウントのVideoカメラでは6角レンチを緩めてフランジバックの距離が調整
できるのでデジタル一眼も調整する方法は無いのかと考えていましたが、
カメラマウントを薄く削ってしまえばどうかなと思いました。
強行手段ですが、遊んでいるレンズなのでダメモトでやることにしました。
 (英断しました。)
マニュルレンズなので構造は単純なはずです。
20150908-samyang-8mm.jpg

銀色の部分のEFマウントを小ネジ3本をはずして裏側をメッキが剥げてアルミの地が出る
程度削りました。
マウント部分は結構肉厚なので多少削っても大丈夫のようです。
正確に計れないのでわかりませんでしたが削ったといっても0.1~0.2mm程度だと思います。
研磨は紙やすりでマウントを手動で回転させながら均一に削ったつもりです。
最初は240番で仕上げは1000番です。 写真は研磨後のものですが裏側のため見えません。
マウントを削った写真を撮っておけばよかったかですね。
20150908-EOS-EF-mount.jpg

まだ昼間に外の景色、部屋の中の試し撮りしただけですが、
今まで無限大にピントが合わなかった改造カメラでピントが合うようになりました。
下の写真はKissX5(クリアフィルタ改造)とLPS-D1(MFA)です。
この構成で天の川が撮ってみたい。 さすがにFFタイプのフィルターを入れているので
魚眼でどの程度周辺までクリアに写るかわかりませんが試してみたい。
20150908-X5-LPS-D1-MFA.jpg
撮影結果は別途報告予定です。 
遊んでいるレンズを生かすチャンスなので自分も期待してます。
雨が振り続いていますが、週末に晴れてほしい!!



テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

撮影機材 | コメント:0 | トラックバック:0 |

晴れているうちに月を撮る

今回も貴重な晴れ間らしい月は昇りたてでシーイングは悪いけど
雨が降らないうちに満ち欠けのようすを撮影。
今日(9月5日)夜は雨らしい。
早く月が細くなってそして空が晴れて星が撮れないかな?
20150905-oon-reg10s-100EDV.jpg
進化の無い撮影画像ですが...

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

| コメント:0 | トラックバック:0 |

ひさしぶりに青空・夜空を見ました。

雨が振り続きましたね!
ひさしぶりに青空・夜空をみました。
月が明るいので星が良く見えなくて残念!
今夜の月の欠け具合はこの程度です。
二階の部屋に常設の望遠鏡から窓を開けての撮影です。
さすがに平日なので出かけるパワーはありません。
明日も仕事なので早く寝なければ、体力がもちません!
20150902-moon-reg7s-100EDV.jpg
おやすみなさい。


テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

| コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |