デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

三日月

2月18日撮影の三日月のです。 (月齢2.5程度でしょうか?)
地球照も撮りたかったですが、細い月をシャープに撮るのも目的でした。
画像処理の無い地球照を先に掲載していましたが
本日(21日)三日月の画像処理を行いました。
オリンピック観戦でRegistaxの処理が遅くなっていました。

今回もそれほどのシャープさはありません。
冬の低空の悪シーイングではこの程度ですね。
20180218-moon-reg55s.jpg
細い月をシャープに撮るのは難しいです。

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

| コメント:0 | トラックバック:0 |

地球照とトラベジウム

週末出掛けたかったのですが、天候不良であきらめました。
本日夕方薄雲がありましたが、細い月がみえたので、久し振りに
地球照を撮影しました。

もうちょっとクリアに撮りたかったがまだ薄明中でしかも薄雲でイマイチでした。
20180218-eshine.jpg

まだ薄明が西の空に残っていましたが、1280mmの焦点距離があるので、
ほぼ南中のトラベジウムを撮ってみました。 以外と写りますね。
ライブビューでもユラユラでしたが4個ハッキリ見えました。
20180218-トラベジウム-5c

トラペジウムが写ったので30秒も露出すればM42全体も写るかなと1280mm F12.8で
KissX4(ノーマルボディ)にノーフィルターで撮って見たらそれなりに写りました。
自宅のベランダでオートガイド無しでもこの程度は写せるんですね。
20180218-M42-4c.jpg
ほとんど画像処理をしないお手軽撮影もいいですね。

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

| コメント:0 | トラックバック:0 |

沈む冬の星座、昇る夏の星座

沈む冬の星座、昇る夏の星座をソフトフィルターを着けて撮りました。
SIGMA 18-35mm F1.8 -> 18mm  F2.0  ISO3200  30秒露出
スカイメモS 1/2恒星時ガイド で撮影しました。

沈むオリオン座、おうし座です。
地平線付近の雲が消えることはありませんでした。
この時期しかたがないかな。
晴れただけでも良かった。
20180212-Ori-Tau.jpg

沈むおおいぬ座、オリオン座
おおいぬ座とオリオン座が沈む頃になると、春が近いと感じます。
地平線付近の雲が残念。
20180212-Ori-CMa.jpg

北極星(左上)と昇ること座(右下)です。
北極星とこと座、ベガは近いのですね。
北東の方向は雪雲が無くてスッキリ見えます。
冬の星座に比べるとこと座だけでは地味ですね。
はくちょう座が昇ったところを撮りたかったのですが、
残念ながら曇ってしまって撮れませんでした。
20180212-Pol-Lyr.jpg

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ふくろう星雲と春の系外銀河の撮影

ふくろう星雲とM108と春の系外銀河NGC2403、NGC4395を撮影しました。
系外銀河は小さいので長焦点で撮りたかったですが、
強風の天気を予想していたため少し短めの約500mmの機材で撮影しました。
明るい恒星の星像(光条)が悪いのが気になりますが...

ふくろう星雲(M97)とM108
ふくろう星雲は輪郭がハッキリしています。
M108は不思議な模様に見えます
20180211-M97-108-16c.jpg

比較的大きなNGC2403ですが、M31、M33などと比べるとかなり小さいです。
明るいので良く写りました。
20180211-N2403-12c.jpg

NGC4395です。 非常に淡い銀河ですが、何とか写りました。
20180211-N4395-18c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

1/31月食の経過写真

1月31日の月食の経過写真です。
月食の経過写真を作成したいと思っていましたが、
画像を加工するのが面倒くさいので、Windowsのエクスプローラの
大アイコンを表示させ、ファイル名を撮影時間に直して拡張子のjpgを
表示しないに設定して画面をコピーし、画像部分だけを切り取ったものです。
元画像のフォルダ(jpg画像)をエクスプローラで表示しただけのものですが、
手抜き経過写真でも結構いけますね!

最後は曇ってしまって全ての経過を撮ることが出来ませんでしたが、
皆既の時間は薄雲がたまに流れた程度で見られて良かったです。

20180131-le-keika.jpg

おまけ程度の画像ですが、月食前の完全な満月です。
満月を撮っても何処も欠けていない満月は意外と撮れないものなので...
20180131-fullmoon.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

| コメント:0 | トラックバック:0 |

皆既月食のターコイズ フリンジ 撮影に挑戦

ターコイズ フリンジ ( Turquoise fringe ) とは皆既月食で
月が地球の影に完全に隠れる前後に、月の縁が淡い青緑色に輝いて見える現象です。
太陽光が成層圏のオゾン層を通過する時に赤色が吸収され、
残った青色が本影(太陽光がほぼさえぎられた地球の影)の縁に沿って
映ることによって出現するそうです。

今までは月食の明るい部分に露出を合わせていたので、
写らなかったですが、暗い部分に露出を合わせて、
明るい部分を露出オーバーにすれば写りそうなので試してみました。

皆既食前の状態で撮影
欠け際がほんのり青くなっているのを撮影出来ました。
※判り易いように若干青を強調してます。
20180131-Turquoise1.jpg

皆既食後の撮影
明るい部分が少ない方が良く写るようですね。
20180131-Turquoise2.jpg


テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

| コメント:0 | トラックバック:0 |

皆既月食 何とか撮れました。

事前の天気予報では曇りだったのでダメかと思いましたが、
予報がいい方に外れて皆既月食を撮影出来ました。
天気が良ければどこかに出かけて撮影しようと考えていましたが、
あまりいい予報でなかったので自宅のベランダで撮影しました。
たくさん撮影しましたがとりあえず皆既月食の始め、最大、終りの
画像を掲載しました。


皆既月食の始め頃 21:54撮影
本影に入っても淵の部分はかなり明るいですね。
20180131-me-start.jpg

皆既月食の最大頃 22:29撮影
今回の皆既月食は本影の中心を通っていないので右側が明るい
20180131-me-max.jpg

皆既月食の終り頃 23:07撮影
薄雲が出ていましたが皆既の始めから終りまで見ることが出来ました。
20180131-me-end.jpg

上記画像では見えませんが皆既月食中は月が暗いので星も写っていました。
20180131-me-star.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

| コメント:0 | トラックバック:0 |

沈み行く冬の星雲を撮影。次は春の銀河の撮影か?

22日月曜日が雪の予報です。 土曜日の晩しか撮影チャンスが無いと判断し、
雲が多かったですが、20日の晩に撮影に出かけてきました。
今シーズンの冬に撮影しなかった西に沈み行く散光星雲を撮影しました。
次の新月期は春の銀河の撮影シーズンです。

モンキー星雲です。
今回はISO3200、8分露出、16枚のディザガイドですが、
諧調よく撮るのはむずかいいですね。
20180120-N2174-5-16c2.jpg

バラ星雲
かなり低空になってしまってよく写らないかと思いましたが、
明るいので意外と写りました。
20180121-N2237-10c2.jpg

冬の星雲・星団が沈んでしまうので、次回からは春の銀河です。
448mmでどの位写るのか試し撮りです。
明るい銀河ですが、チョット小さいです。
それなりに写りましたが、次回はもう少し焦点距離の長い構成で撮影したい。
20180121-N2903-8c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>