FC2ブログ

デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

沈むオリオンと大流星など

久々にソフトフィルターを付けて星景写真の真似事をしたところ
金星くらいの明るさの大流星が撮影出来ました。
肉眼でも緑色に明るく光って見えました。
星景写真・星野写真もドンドン撮りたい!

沈むオリオン座とおおいぬ座と大流星
KissX8i 20mm F2.8 ISO3200 30秒露出 スカイメモSで1/2ガイド
20190207-ss-Ori-CMa.jpg

沈むぎょしゃ座、ふたご座、こいぬ座
30秒露出の静止撮影を101枚比較明合成したものです。
20190206-AurGemCMi-101s.jpg

ぎょしゃ座~おうし座の暗黒星雲
いつも中途半端で今回もハッキリ写せませんでした。
20190206-Tau-Aur-28mm-18c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

モンキー星雲、クラゲ星雲、M95

2月は比較的晴れていましたが、なかなか撮影に行けなくてやっと行けました。
2月6日夜~2月7日の撮影です。

モンキー星雲
明るい散光星雲ですが、なかなか思うように撮れなくていつも中途半端でしたが、
今回は撮影枚数を露出7分x21枚に増やして滑らかに明るく撮れました。
20190206-N2174-5-21c.jpg

クラゲ星雲
モンキー星雲に撮影時間を取られて高度が下がってからの撮影になってしまって
ベストな状態で撮れなくて、枚数もあまり撮れませんでした。
一度に狙うのは撮影時間的には難しかったようです。 
それでもクラゲらしく写りました。
20190206-I443-12c.jpg

M95
しし座にある銀河です。 小さいですがシャープに撮れたと思います。
20190207-M95-18c-kasan2.jpg
メシエカタログは一度すべて撮っていますが、
レベルアップした春の銀河を再撮影したいと考えています。


テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

春の銀河の撮影

1月11日に春の銀河を 810mm F6.5 で撮影しました。
カメラは EOS 8000D(新改造) ISO3200 5分露出です。
途中で薄雲が出てしまって撮影出来たのは2作品です。
もう少し晴れていれば次はM95、M65、66などを撮影したかったが残念。
散光星雲と比べると地味ですが、銀河も個性がありいろいろな物を撮影したい。

NGC2903
しし座の鼻先にある銀河です。冬の早い時間に撮影出来ます。
20190111-N2903-16c.jpg

M109
北斗七星のひしゃくのそばの銀河です。 黄色っぽく写ります。
20190111-M109-12c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

地球照

部分日食を撮影した後は月を撮影したいと思い撮ってみましたが、
シーイングが悪くてユラユラでシャープに撮れなかったので、
地球照を撮ってみました。

地球照の部分を明るく撮ろうと露出時間を長めにしたら
ゴーストが出てしまいます。
それでも明るくシャープに撮れたと思います。
20190110-as-reg14s.jpg
もう少し月が細くて透明度が良い時にまた撮りたい。


テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

| コメント:0 | トラックバック:0 |

1月6日の部分日食の様子

本日(1/6)の部分日食の始まりから終りまでの経過の様子です。
薄曇りだったのでハッキリ見えなくて残念でしたが、部分日食が
全て見えたのでラッキーだったと思います。
事前の天気予報が良くなかったので出かけないで自宅のベランダからの撮影です。

20190106-SE-keika2.jpg

10時00分の太陽
この時間が雲が薄く一番ハッキリ太陽が見えていました。
最近の太陽は活動が穏やかなのか黒点が見当たらないので
白色光だと何も見えないのでつまらないですね。
20190106-10h00m.jpg

それでも拡大すると右端に白斑が何とか見えています。
20190106-10h00m-hakuhan.jpg



テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

太陽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今年の初撮影

1月2日の夜に初撮影をしました。
本来なら撮影機材を2台出して平行稼働させるのですが、
寒かった( と言っても -7℃ )ので1台で撮影。
今年も健康に気を付けて沢山撮影したい。

コーン星雲 ( NGC2264 ) 付近
F6.5で5分露出だったので露出不足でした。
画像処理で無理やりコントラストを上げました。
20190103-N2164-16c.jpg

ウィルタネン彗星(46P)
まだファインダーで見えましたが、段々暗くなっています。 6等程度。
相変わらずハッキリした尾はわかりませんが右上に少しあるようです。
20190102-46P-2c.jpg

フクロウ星雲(M97)
フクロウの顔が大きく見えるように拡大しました。
20190102-M97-16c.jpg

M108
複雑な暗黒帯があるようです。
20190102-M108-16c.jpg

エスキモー星雲(NGC2392)
小さくて810mmでは等倍でもこの大きさです。
以外と明るいので次は更に長焦点で狙いたい。
20190102-N2392-16c.jpg

M96
露出不足でした。淡い部分をもう少し写したい。
途中で赤道儀のバッテリーが切れて予定枚数分撮れませんでした。
獅子座の銀河が撮れるようなりました。春も近いですね。
20190103-M96-7c.jpg

M105
上がM105、左下がNGC3384、右下がNGC3389
20190103-M105-7c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12月10日夜から撮影 71FL撮影分

12月10日に撮影した画像 71FL+7866での撮影分です。

バーナードループの川を挟んだM78とLDN1622(右上の魚のような暗黒星雲)です。
もう少しバーナードループが真中の構図がよかったか。
20181210-M78-L1622-17c.jpg

IC1396 低空だったので良く写らないかなと思って撮りましたが、
以外とコントラスト良く写りました。 
次は南中時にさらに良く撮りたい。
20181210-I1396-16c.jpg

IC405(勾玉星雲:右側)、IC410 左側
この焦点距離(264mm)ではこの構図が一般的?
20181210-I405-410-14c.jpg

IC59、IC63 
264mmではチョット小さいですが...撮影してみました。
真中の明るい星はカシオペア座のガンマ星です。(カシオペア座のW形の真ん中の星)
20181210-I59-63-12c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12/10夜の撮影 125SDでの撮影分

BORG 125SD 810mm F6.5で撮影した星雲です。

NGC246 再撮影しました。
不思議な濃淡の惑星状星雲です。
20181210-N0246-20c.jpg

NGC891 エッジオン銀河
久しぶりに撮影しました。明るく撮れました。
20181210-N891-16c-2.jpg

馬頭星雲(IC434)
馬の首が横を向いている構図は以外と少ないので....トリミングしました。
20181211-I434-14c-up.jpg

NGC2359
星雲の形が神話などに登場する兜の形に似ていることから、
「Thor’s Helmet(トールのかぶと)」と呼ばれているそうです。
この向きが兜に見えるかな?
20181211-N2359-14c.jpg

NGC1300 南天低空で規定枚数が撮れなかったです。
左の渦巻銀河がNGC1300 大望遠鏡の写真と比べると随分小さいですね。
南中時に再撮影したい。
20181211-N1300-8c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>