FC2ブログ

デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

EOS M6 EFM 15-45mm F3.5-6.3で撮影した天の川

最近はSigmaのArtレンズ等を使用して天の川を撮影することが多いですが、
今回はEOSMシリーズ用でCanon純正のEFM 15-45mm F3.5-6.3で
天の川を撮影してみました。 何事も試してみないと。
カメラはEOSM6の新改造でノーフィルタです。

先ずは15mmで撮影、解放のF3.5で撮ると周辺減光が多いのでF4まで絞る。
F4.5もためしましたが、周辺像はあまり改善されないのでF4がいいと思いました。
20180810-mw2-2c.jpg

ズーム側で天の川の中心部を撮影。
45mmにズームするとF6.3になってしまうので、F5.6で撮れる所をさがしたら、
39mmでした。絞り解放でも周辺減光はワイド側より少ない。
Fが暗い分露出時間が多く必要。
20180810-mw5-4c.jpg

15mmで昇る天の川を撮影。
このカメラは改造カメラですが、彼岸花星雲、出目金星雲はほとんど写らない。
フィルターが必要なようです。
20180810-mw4-8c.jpg

夏の大三角付近の天の川
北アメリカ星雲などはノーフィルターでも良く写るようです。
何ででしょう?
20180810-mw6-8c.jpg

はくちょう座~カシオペア座付近の天の川
上下と真ん中の色合いがいじり過ぎてチョットおかしい。
20180810-mw7-8c.jpg
EFMでもそれなりに写りましたが、平凡な写りで、やはり高級レンズ+フィルターの方が
良く写るようですが…
もう少し試し撮りをしないとわからないかな。

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

台風一過の夜空で撮影

8月9日の夜は台風一過で晴れたので撮影に出かけて来ました。
風が強いことが予想されたので200mm級の短い構成で撮りました。
この構成で撮影するのは久しぶり。
また新しく手にいれた鏡筒のテスト撮影も行いました。

M24付近(バンビの横顔と首飾りとM17)
BORG 67FLと0.66x レデューサー7866の構成 (f=198mm F2.95)
メーカ推奨の構成ではないですが、APS-Cならばそれなりに撮れる。
20140810-M24-2m-17c.jpg

NGC6334(出目金星雲)とNGC6357(彼岸花星雲)
低空に雲が流れて規定枚数撮れませんでした。
バックグランドが変な色になってしまった。
20180809-N6334-57-10c.jpg

M16、M17付近
BORG55FLとレデューサー0.85×DG【7885】のテスト撮影です。
55FLは専用のレデューサーがあるのですが持ってないので
7885で撮ってみたら広角レンズのように周辺が伸びてしまった。
専用のレデューサーでは無いのでこの程度なのか接続の構成が
違ったのか中心と端ではピントがかなりずれて星像も流れる。
あまり良くないので次は55FL+7866でテストして見たい。
計算では165mm F3になります。 ピントが出るかな?
20180810-M16-17-10c.jpg
原村でVixenの55FLを見せてもらいました。
眼視ではVixenの方がワンランク上ですね。高いけど。

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

原村星まつり2018で撮った夏の星雲

何とか晴れたので原村星まつり会場の下から3番目の駐車場で撮りました。
星まつりに来て星野写真なんて真剣に撮っている人は何人いるのだろう。
車のライトに邪魔されて撮りにくい、しかも月齢は下弦なので23時~0時には
空が明るくなってしまう悪条件。
僅かな時間の中でデジタル一眼のお気軽撮影ですが自称撮影派なので真剣に撮りました。
2年前はSQMで21.4の空でしたが今回は8/3が20.9、8/4が20.7でかなり明るい。
ポラリエかスカイメモSでも良かったかな思いましたが135mmと1Kg超えのレンズ
85mm F1.2 だったので、GPD2+MT-1+DD-3のセルフガイドです。

8月3日 北アメリカ星雲
X8i LPS-D1 ISO3200 135mm F2.8 3分露出 9枚
空が明るくて良く撮れないと思っていましたが散光星雲が柔らかく撮れました
20180703-N7000-135mm-F28-3m-9c.jpg

8月3日 バーナード143 (暗黒星雲)
X8i LPS-D1 ISO3200 135mm F2.8 90秒露出 8枚
月が低空にあるので90秒露出でアルタイル横の暗黒星雲を撮ってみました。
左端の輝星が1等星のアルタイルです。
20180803-B143-135mm-F28-90s-8c.jpg

8月4日 デネブ~サドル付近の散光星雲
X8i LPS-D1 ISO3200 85mm F3.2 3分露出 8枚
昨日よりも更に空が明るくて条件が悪いですが雲が流れる間に何とか撮影。
20180804-Cyg-85mm-F32-3m-8c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

原村星まつり2018

今年も原村星まつりに行ってきました。
今年は珍しく雨が降りそうにはなりましたが雨が降りませんでした。
天の川は見えたのですが透明度はイマイチで長時間晴れなくて星野撮影者としては
少し残念でした。
惑星などは金星→木星→土星→火星と順番に見られたので良かったと思います。
大接近の火星は模様が薄くてハッキリ見えませんでした。

ブースは賑やかでした。
幾つか天文パーツが買えてよかった。
20180804-haramura1.jpg

青い空にひこうき雲、気持ちのいい朝 いい雰囲気。
このまま夜まで晴れて...
20180804-haramura2.jpg

大きな望遠鏡が沢山ある中でペガサス?が印象的でした。
20180804-haramura3.jpg

コンデジ(S-120)で手持ち撮影。
三脚に付けてもっと長時間露出すれば良かった。
今回は中望遠で星野撮影をしたので別途紹介します。
20180803-haramura4.jpg

会場近くで朝市をやっていることを聞いたので、日曜日の朝帰る途中に寄って
買い物をして帰りました。
高原の朝市は爽やかでした。
20180805-haramura5.jpg

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

イベント | コメント:0 | トラックバック:0 |

135mmで撮影した夏の天の川と星雲星団

135mmで夏の天の川を撮影しました。
薄雲が流れてベストな状態ではありませんでしたが、
比較的雲が少ない画像を選んでコンポジットしました。

天の川の星雲星団の多いところを撮影。
上から sh2-54、M16、M17、M24、IC1284
20180714-M24-17-16-2m-8c.jpg

天の川の星雲星団の多いところを撮影その2。
上からM24、IC1284、M20、M8
薄雲の少ない画像を選んでコンポジットしましたが、
土星は明るいので滲んでしまいました。
20180714-M8-24-2m-9c.jpg

サドル付近の散光星雲
雲のような散光星雲が表現したくて星マスク処理で
微光星のコントラスト、明るさを調整して散光星雲を強調しました。
20180714-sador-3m-10c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

南天低空のsh2-54散光星雲の撮影

梅雨明け後の新月期ですが中々晴れなくてやっと晴れ間を見つけて撮影。
7月は撮影チャンスが少ないからラッキーです。

南天低空のNGC6334(出目金星雲)を撮影
撮影チャンスが少なくて撮る機会が少ない対象です。
20180713-N6334-27c.jpg

始めて撮影しました。この対象も南天低空です。
青い散光星雲と球状星団が並んでいます。 NGC6723-26-29です。
20180714-N6723-26-29-18c.jpg

干潟星雲(M8)を撮ったのではありません。
左側に写っている猫の手みたいなNGC6559、IC1274、IC4685が撮影対象です。
写野に一緒に入るのでM8も入れましたが明るいのでM8が目立ってしまいます。
20180714-N6559-M8-10c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

梅雨の晴れ間の天の川

6月は梅雨入りでなかなか晴れなくて天の川は見られないのですが、
梅雨の晴れ間に非常に良く天の川が見える場合があります。
今回6月13日の夜~14日も天の川が良く見えて
肉眼と魚眼撮影で楽しめました。

今回は天頂を通過する天の川を撮ることができました。
6月14日2時20分~32分 4.5mm F3.5 ISO3200 3分露出x4枚
20180614-mw5-4c.jpg

6月14日0時40分~52分
火星が昇って、木星が西に傾いてきました。
20180614-mw1-4c.jpg

6月14日1時40分~52分 もう少しで天の川が天頂通過
肉眼ではかなりの雲量と思いましたが魚眼の写野ではたいしたことはありませんでした。
20180614-mw3-4c.jpg

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

6月13日も梅雨の晴れ間に撮影

今回も梅雨の晴れ間に撮影しました。
今年は6月になっても撮影チャンスに恵まれて幸運です。
今回の機材はBORG101EDⅡ+7878(x0.78) f=499mm F4.9 です。

彼岸花星雲 NGC6357 です。
低空なので撮るチャンスが少ない星雲です。
20180614-N6357-15c.jpg

M16 の上にある比較的大きな散光星雲 Sh2-54 です。
下の方に散開星団 NGC6604 もあります。
20180614-sh2-54-N6604-16c.jpg

球状星団のツーショットです。
右下の大きな球状星団がM4、左上の小さいのがNGC6144です。
左側はアンタレス付近の黄色い星雲が薄っすらと写っています。
20180614-M4-N6144-16c.jpg

M4を拡大しました。球状星団としてはまばらな方です。
明るいのでカメラのファインダーでも見えていました。
20180614-M4-16c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>