デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

8000Dの試し撮り2(長焦点編)

8000Dの試し撮り2(望遠鏡での長焦点編)です。
長焦点といっても488mmなので銀河の場合もう少し長い焦点で撮りたいものです。

M101です。ISO1600、5分露出なので露出が不足しています。
20170325-M101-5m-9c.jpg

M81 これも5分露出です。
20170325-M81-11c.jpg

M82 M81と同じ画像ですが、ちいさいので別々にトリミングしています。
20170325-M82-11c.jpg

M104 ソンブレロ星雲です。 2分露出で撮りました。
20170324-M104-2m-4c.jpg

M13 球状星団です。 3分露出で撮りました。
20170325-M13-3m-8c.jpg
今回は2400万画素の解像度が1800万画素より少しなめらかなのが感じられました。

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

EOS 8000Dの試し撮り

空の透明度が非常に悪く、薄雲が流れている悪コンディションでしたが、
EOS 8000D(スターショップ新改造)を手に入れたので、Sigma18-35mm F3.2
ISO1600 5分露出で試し撮りをしました。
沈んでいくオリオン座を南中時の構図で撮影したので無理があります。
右下が地平線方向になります。
FilterはLPS-D1(MFA)を使用しています。
現状使用しているX5クリアフィルタ改造+LPS-D1の方が赤い散光星雲が良く写るようです。
画像解像度が1800→2400万画素になっても解像度が上がった気がしません。
もう少し良いコンディションでまた撮影したいと思っています。
20170319-f3kaku2-3c.jpg

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

135mmで撮った春の銀河

GP2赤道儀のオートガイドのテストで春の銀河を撮影しました。
135mmで銀河なんてほとんど写らないのはわかっていましたが、
元画像を見ながら、星図と見比べてNGC、ICの銀河が画像の中に何個
写せたか時間がある時に調べてみたいですね。

しし座のM65、M66、NGC3628です。
淡いところまで出そうとしてM65、66は露出オーバーになってしまった。
この程度の焦点距離でもNGC3628の中央暗黒帯が見えます。
20170224-M65-66-7c.jpg

マルカリアンチェーンです。この中に幾つ銀河が写っているのでしょうか?
小さいので迫力はないですが、写野が広く周りの銀河も写っています。
20170224-マルカリアン-4c

かみのけ座のMel111です。左側にNGC4565が小さく見えます。
20170225-Mel111-7c.jpg

拡大した画像です。かすかに暗黒帯が見えます。
20170225-I4565-7c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

バラ~コーン星雲等の撮影 高度は低かったですが...


2月24日金曜日の夜は良く晴れました。
天体写真家にはプレミアムな夜でした。
新しく手に入れた小型赤道儀(GP2)の2軸オートガイドの動作確認で
バラ星雲~コーン星雲付近を撮影しました。
この赤道儀は長焦点の撮影目的ではなく、望遠レンズ級の撮影が目的なので
オートガイドのテストには135mmを使用しました。
Samyang135mmF2→F2.8 ISO1600で8分露出を8枚コンポジットしてみました。
空は非常に澄んでいましたが沈みかけていたので元画像は真っ白でしたが、
SI8で星マスクとスターシャープフィルターを使用して微光星を目立たなくして
散光星雲を強調しました。

20170224-bara-corn-8c.jpg

こちらも低空ですがオリオン座中心部も撮りました。
三ツ星のゴーストが出ています。LPS-D1をフランジバック内に入れているせいかな?
円盤が3基飛んでいるようです。 
低空でF2.8 ISO1600で8分露出は厳しいですね。
高度が高い時にまた撮りたいですがゴーストはどうしようかな。
20170224-orion-center-5c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

高崎市少年科学館の展示について

高崎市少年科学館様からお声がかかりまして、科学館のプラネタリウムの手前の
展示コーナーに私の撮った天体写真の展示を本日よりしていただいています。
他の方が撮った写真、科学館のスタッフが撮った写真等もたくさん有ります。

自分は撮影数は多いですが、たいした写真は撮っていないのと良いプリンタが無いので、
天文雑誌には投稿していませんが、画像を送れば印刷して展示していただけるという
のでお願いしました。
20170218-tenji1.jpg

私の撮影写真は、オリオン大星雲、バラ星雲、北アメリカ星雲と一般的対象ですが、
額に入って展示してあると立派に見えます。
20170218-tenji2.jpg
写真はありませんが、反対側の壁にも天体写真がたくさんあります。
高崎市少年科学館のそばに来た時、プラネタリウムに来た時とかに一緒に見てください。

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

スナップ | コメント:0 | トラックバック:0 |

1月2日の月と金星の接近

1月2日は、60D、X5、X4とカメラを3台稼働して撮影をしました。
60Dは50mmでオリオン座、X5は10mmで冬のダイヤモンドを撮影しブログに掲載すみですが、
X4は135mmで月と金星の接近を撮っていました。
良く晴れていたので浅間山に沈むところも撮りたいと撮影したものです。
低空は多少雲があってパーフェクトに撮れませんでしたが雲で不思議な効果が撮れました。

高度が高い時に撮影した月と金星、地球照が良く見えました。
20170102-moon-venus1.jpg

浅間山に沈む様子を撮りましたが雲が出てきました。
ダイヤモンド富士、パール富士とかよく聞きますが、
満月で沈む時はパール浅間と呼べそうですが、 
三日月が沈む時は何て呼ぶのでしょうか?
20170102-moon-venus2.jpg

雲の効果か金星の上下の光がいい感じ、月も下に同じ効果が見えます。
薄い雲が出ているのでしょうか?
月柱、金星柱というのだそうです。
20170102-moon-venus3.jpg

そこまで考えていませんでしたが、頂上より少し左に沈みました。
雲で地球照の模様が見えません。
20170102-moonsit.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

| コメント:0 | トラックバック:0 |

冬のダイヤモンド

1月2日の夜に権田で撮影した冬のダイヤモンドです。
このくらい広い画角だと冬の大三角が小さいですね。
KissX5 + LPS-D1 ISO1600 samyang 10mm F4 で8分露出をコンポジットしたものです。
周辺部は像がわるいのでカットしています。
空の明るさにむらがあるので広角レンズの写真は難しいですね。
20170102-fuyudia-9c.jpg

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

八千穂高原で撮影

八千穂高原に初めて遠征して撮影しました。
標高が1700m程度と高いので空が澄んできれいですが、
寒いですね。持って行った温度計の測定限界が-10℃だったので
測定範囲外で表示が出来なくなりました。

今年は暗黒星雲、分子雲を撮影するのが目標で第1弾はLDN1622です。
デジタル一眼では難しい対象でした。
バーナードループの上にあります。
下の赤い散光星雲はバーナードループの一部です。
フラット補正が上手く出来なくて真中が明るくなってます。
失敗作なので時間が有る時にフラット補正をやり直したいです。
20170104-LDN1622-16c-1200x800.jpg

冬の大三角です。 オリオン座は沈みかけています。
星を小さく画像処理して天の川と散光星雲を強調しました。
20170105-fuyu3kaku-6c-900x600.jpg

おおいぬ座ととも座の天の川です。
南天は暗いですが、なぜか赤いカブリがあります。
ガム星雲も少し写りました。
20160105-CMa-Pup-21mm-4c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>