FC2ブログ

デジカメで撮影した天体写真

デジカメで撮影した天体写真等を紹介します。

2019年最後の撮影(今頃ですが)

2019年最後の撮影です。 
12月28日の夕方~29日の朝方に撮影したものです。
この夜は2019年最後にして最高の星空でした。

IDAS NB1のテスト撮影をして赤い星雲しか良く写らないことが
わかったので赤い星雲を撮りました。

バーナードループとM78、LDN1622付近
6D(新改造)+NB1で撮りました。 360mm F4 ISO3200 5分露出です。
20191229-Sh2-276-22c.jpg

Sh2-240 (おうし座の超新星残骸)
前回LPS-D1を使用して撮影しましたが、NB1の方が少し写りがいいようです。
デジカメの1枚撮りのコンポジットでこれだけ写ればまずまずかな。
20191229-Sh2-240-22c.jpg

Sh2-155(洞窟星雲) シャープレスに挑戦
良く写ったのか何だか? 
20191228-Sh2-155-13c.jpg

沈む冬の銀河のアーチが撮りたくて…
軽井沢方面と草津スキー場が明るい!
KissX8i + LPS-D1 Samyang 8mm F3.5 で撮影。
20191229-fuyu-arch-4c.jpg

オリオン座、シリウス等が沈む動画を撮りたくて…
これはその比較明画像です。
地平線付近の透明度はまずまずでした。
20191229-tl-191s.jpg

月齢2の月 (1800mmで撮影)
ライブビュー画面ではゆらゆらでこれでもよく撮れたほうです。
この時期細い月を撮るのは大変です。
20191228-moon-50s.jpg

スポンサーサイト



テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

IDAS NB1によるテスト撮影

IDASのNB1を手に入れたのでどのように写るのか
著名な星雲・星団をテスト撮影しました。
NB1はカラー1枚撮り用のナローバンドなので
被りは少ないですが赤が良く写り、青などは写りは良くありませんでした。

撮影結果:
使い道としては、被りの多い市街地で赤い散光星雲を写す時、
空のある程度暗い場所では、赤い淡い散光星雲をLPS-D1等の
ブロードバンド系のフィルターよりコントラスト良く写すのにはいいかと思いました。
悪く言えばそれ以外はあまり用途がなさそうです。

まずは銀河のM31です。元画像は赤っぽくて違和感がありましたが、
画像処理後はそれなりの画像になりました。
露出時間の割には写りは悪いので銀河には向いていないようです。
20191224-M31-6c.jpg

次に青い星雲としてM45を撮りました。青の写りが悪いので、
これも露出時間の割には写りが悪く向いていないようです。
20191224-M45-6c.jpg

赤い散光星雲のIC2177です。
短時間、少ない枚数で比較的良く写ります。
20191225-I2177-4c.jpg

M52、バブル星雲付近です。
赤い淡い散光星雲が良く写ります。
20191224-M52-13c.jpg

クラゲ星雲付近です。 普通の写りでした。
20191225-I443-6c.jpg

オリオン座の中心部です。赤い星雲ばかり写って青が写らないので、
色のバランスが良くありません。
明るい星の周りのリングが気になります。
20191225-Ori-13c.jpg

バラ星雲です。 これは良く写ります。
20191225-N2237-11c.jpg

コーン星雲付近です。 赤い星雲の部分は良く写ります。
20191225-N2264-11c.jpg
期待した程の写りではありませんでした。

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

散光星雲等の撮影 11月30日撮影分

6D(新改造)+LPS-D1 90FL+0.72Xレデューサー(360mm F4.0)による
散光星雲11月30日~12月1日撮影分です。

NGC7822付近
真ん中のCed214(Sh2-171)、左の点Sh2-170を入れた構図です。
シャープレスカタログでは自動導入が出来なくて、自動導入にNGC7822を使用してから構図を決めています。
20191130-N7822-21c.jpg

Sh2-129
IC1396の傍にある散光星雲です。
露出が少ないと三日月型に写るのですが淡い部分も何とか写っています。
20191130-Sh2-129-14c.jpg

M45付近
分子雲が多いところなので強調した画像も次に掲載しました。
20191201-M45-12c.jpg

分子雲を強調したM45付近
20191201-M45-12c-b.jpg

Sh2-240
大変淡くて撮影元画像では構図が確認出来なくて画像処理後に全部入っていないのがわかった。
20191201-Sh2-240-19c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

散光星雲の撮影 11月28日撮影分

6D+LPS-D1 90FL+0.72Xレデューサー(360mm F4.0)による
散光星雲11月28日~29日撮影分です。

IC405、IC410、IC417付近です。
縦構図だとM38の右下にクリスマスツリーのような構造が見えますね。
20191129-I405-10-15c.jpg

IC1805、IC1848
構図が悪くてIC1848がギリギリ切れたか?
20191129-I1805-48-20c.jpg

NGC7023付近
あやめ星雲が青く写りません。
暗黒星雲、分子雲が多いところです。
2019-1128-N7023-19c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

6Dによる散光星雲の撮影

11月1日夜~11月2日に散光星雲を撮影
撮影機材:BORG 90FL + 0.72Xレデューサー (360mm F4.0)
EOS 6D + LPS-D1 ISO3200 5分露出 撮影枚数 12枚~18枚
今年手に入れたので6Dの撮影はまだ3回目です。
6DはAPS-Cの2400画素に比べると画素数は物足り
ないですがノイズが少ないです。
フルサイズなので360mmでも写野が広いですね。
銀河の撮影には物足りないですが散光星雲にはいいです。
北アメリカ星雲とサドル付近の散光星雲はどの位
の大きさに写るのかの試し撮りです。

IC1396
20191102-I1396-16c.jpg

カリフォルニア星雲 ( NGC1499 )
20191102-N1499-18c.jpg

北アメリカ星雲 ( NGC7000 )
※低空での撮影なのでベストではありません。
20191101-N7000-12c.jpg

サドル付近の散光星雲 ( IC1318, IC1311, NGC6888等 )
※沈みかけているところを無理やり撮影
20191101-sador-13c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夏の天の川~冬の天の川の散光星雲と暗黒星雲

10月31日の夜~11月1日朝の撮影時に平行して撮影していた画像です。
露が多くてヒーターを使用しましたが、広角側の18mmでは
ヒーターで画面がけられるので28mmで撮影しました。
毎年撮影していますが、なかなか満足できる画像は得られません。
今回は枚数をたくさん撮ったので少し良くなったですがまだまだです。


11月ですがはくちょう座~ケフェウス座の天の川がまだ撮れます。
低空なので高度が高い時ほどコントラスト良く撮れないですが…
20191031-Cep-16c.jpg

ケフェウス座~カシオペア座の天の川
カシオペアのWが天の川に埋もれてよくわかりません。
20191101-Cas-16c3.jpg

ペルセウス座~ぎょしゃ座の天の川
明るい散光星雲がありますが暗黒星雲は淡くて撮影が難しいです。
20191101-Aur-16c.jpg

オリオン座~いっかくじゅう座~ふたご座の天の川。
オリオン座は散光星雲が多いですね。
20191101-Ori-16c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星野写真 | コメント:0 | トラックバック:0 |

らせん星雲等の撮影

晴れの比較的多い撮影シーズンがやっと来ました。
掲載が遅れましたが、
10月31日の夜~11月1日朝に撮影した画像です。
810mm F6.5 KissX8i + LPS-D1 ISO3200 で撮影しました。

らせん星雲(NGC7293)です。
南中を過ぎてからの撮影で最後の方は低空になってしまい
ベストではないですが、それなりに撮れました。
20191031-N7293-20c.jpg

ハート星雲(IC1805)の中心部です。
何処を撮ったのかわからない写真になってしまいました。
Fが暗いので5分では露出不足でした。
20191101-I1805-20c.jpg

M74です。
きれいな渦巻き銀河ですが小さくて淡いので撮影は難しい対象です。
20191101-M74-24c.jpg

球状星団のM71です。
今回最初に撮影した夏の星雲星団です。
20191031-M71-12c.jpg

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真

星雲星団 | コメント:0 | トラックバック:0 |

小海 星と自然のフェスタに行って来ました。

金曜日は大雨で開催が心配でしたが、金曜日の夜遅く晴れて
星も見え三度目の正直で小海で星を見ることが出来ました。
土曜日、日曜日もまずまずの天気で楽しんで来ました。

今回は金曜日に懇親会があると言うので参加しました。
参加者は約90人で半分はメーカー、販売店で半分が一般参加者です。
私は話術がうまく無くて知人と話しただけで知らない人と交流は
出来ませんでした。
20191025-konsin.jpg

26日昼のメイン会場です。
メーカーブースが増えました。
天気が良いので盛況です。
20191026-koumi.jpg

このイベントのいい所、swap and meetです。
ユーザが不要な物を持ち寄って、安く販売購入出来ます。
自分もいくつかパーツを手に入れました。
20191026-swapmeet.jpg

このイベントの特長は小海リエックスホテルで講習会があることです。
20191026-kouza1.jpg

こんなマニアックな講習を聞いてきました。
20191027-kouza2.jpg

重力波で見るブラックホールの講習も聞いてきました。
20191027-kouza3.jpg

今回は晴れて星も見えて電視観望、ナイトビジョンを見せてもらいました。
販売店、s&mで欲しかった天文パーツを手に入れてとても満足でした。


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真

イベント | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>